WindowsNT Workstation 4.0の設定

 ・インストール

 まずはWindowsNTをインストールすることから始める。今やパソコンを購入すると、Windows95か98がプレインストールされているが、WindowsNTの場合はプレインストールはまだ少ないのが現状だ。つまりパソコンショップで新規版のWindowsNTを購入することになる。

 ではインストールしてみよう。WindowsNTはWindows95や98がインストールされているパソコンにインストールすることができ、また起動時にどちらを起動するかを選択することもできる。

 まずはWindowsNTのパッケージを空けると6枚のFDと1枚のCD-ROMが入っているはずだ(最近のパッケージにはService Pack 3というCD-ROMも同胞されている)。この6枚のFDのうち3枚がPC/AT互換機用、もう3枚がNECの旧98シリーズ用だ。これは各自のパソコンに応じて適正なほうの3枚を使うことになる。

 では3枚のうちの1枚目のFDをパソコンにセットし、CD-ROMもセットする。この状態でパソコンを再起動しよう。FDからWindowsNTのセットアップが開始される。

 途中でいくつか質問が来るが、まず重要なのがどのHDのパーテーションにセットアップするかと、そのパーテーションをどのようなフォーマットにするかだ。パーテーションは各自の環境で判断してほしいが、フォーマットはNTFSをお勧めする。NTFSとはWindowsNT用の独自のフォーマットでセキュリティーや安全性が高いからだ。

 

 しばらくすると、「コンピューター名」と「管理者パスワード」を入力しなければならない。これらはネットワーク設定をしなくとも必要なので必ず何らかの文字列を入力する。なお「管理者パスワード」を忘れてしまうとWindowsNTをまったく使うことができなくなってしまうので注意しよう。

 次にネットワークに参加する方法を聞いてくる。通常ならここで全てのネットワーク設定を行うのだが、ここではあえて「まだネットワークに参加しない」を選んでおこう。

 以上のような過程をふみインストールが終了したら、試しにデスクトップの「ネットワークコンピューター」をダブルクリックしてみよう。ネットワーク設定をしていないのでエラーが出るはずだ。

<補足説明>

 Winodws95または98がインストールしてあるパソコンに、NTFSフォーマットを用いWindowsNT4.0をインストールした場合、Winodws95または98からは、NTFSフォーマットを使うことはできません。

 また、WindowsNT4.0をWindows95または98と同一のパーテーションにインストールし、NTFSへフォーマットを変換した場合は、Windows95または98は起動できなくなります。

 さらに、WindowsNT4.0からはWinodws95または98でFAT32でフォーマットしたドライブは使用できません。


戻る